こういう方たちのイベント

我が家近辺では、先日キレイにしたところなのに、また溝に落ち葉がたっぷりになっていますが、公園はキレイに清掃されました。ああ、それなのにそれなのに!昨日、今日と公園でサッカーの試合が行われています。中にはマナーの悪い方がおられるようで、遊歩道に吸い殻がいっぱいほかしてあったり、コンビニ弁当のつつみが芝生の上に放置されていたり、空き缶がベンチの下に押し込まれていたり・・・。今津総合運動公園にはゴミ箱…

続きを読む

最美的約定也成了一紙空談

春天過了,再美的花兒也就謝了,其實,春天多曼妙,春天的花兒開得多動人,卻因著春天的一句結束,所有的花期都悉數一一凋零。 沒有花香的大地是多麼單調的,一個人出去,除了自己的腳步聲外,就只有心跳聲還能證明自己的存在。鳥兒們也飛得高高的,不管你在地面搗騰出多大的動靜,它們仍然可以視而不見,聽而不聞。 春天,是生命中最美的季節。我來到人間的時候也是春天,那時的花開得格外紅,那時的花格外得香。…

続きを読む

正是春意正濃時

天空陰霾霾地,沉寂著一種壓抑;內心的苦澀緩緩地勾起一抹淒婉的笑容,好不無奈;走在無人的街巷,兩旁的路燈暈開了滿心的悲傷,好不心痛;留在青石路上的點點足跡,深深淺淺包含了許多不舍與留戀;那些如煙雲逝去的誓言殘忍地抨擊著這顆宛如玻璃陶瓷般地心靈;那些過往的記憶深深地蠶食著這千瘡百孔的最美好;連帶著最後的一點幻想,也逐漸湮沒在了夜的孤寂裏ゴで使われました見回している人たちが霜月今又有沒隱老了,卻喜歡上…

続きを読む